保育の特長

園の概要・方針

創立の精神である「孝道」「親孝行」、「挨拶」を大切にします。

雲雀丘学園の初代理事長・鳥井信治郎は「親孝行な人はどんなことでもりっぱにできます」が口ぐせでした。その思いを受け継ぎ、私たちは今も親を大切に思い、敬う心を育む人間教育を第一としています。そして、人間教育のひとつとして、「挨拶」の重要性を子どもたちに伝え、その実践につとめています。園内にはいつも、子どもたちの元気なあいさつの声が響いています。「おはようございます」「ありがとうございました」「さようなら」。元気なあいさつを通して心を通わせながら、子どもたちの豊かな心が育まれることを願っています。

すこやかな心と体、豊かな感性を育みます。

運動能力の基礎を育むための運動だけでなく、見たりふれたり感じたことを身振りなどで表現する「表現保育」も取り入れ、心身ともにすこやかに成長できるようなカリキュラムを工夫しています。

表現保育

本園におけるもっとも特長的な指導が、表現保育です。緑に囲まれた環境を生かし、四季折々の生き物や植物を見たり触れたりよく観察。それを絵や製作、身振りで表現します。また、お話遊びや劇遊びで、思ったことや感じたことを言葉や身振りで表現することもあります。そういった自由な表現を通して、表現力を身につけ、豊かな感性を育んでいきます。

体育

運動能力をバランスよく発達させるた、体育専門のインストラクターが、学年に応じて指導します。サーキット運動やボール遊び、夏のプール指導など、プログラムはさまざま。体を動かし、汗をかき、じょうぶな心と体を育んでいきます。

伝統文化を通して豊かな心を育み、グローバルな感性も身につけます。

幼いころから日本の伝統文化に親しむことで豊かな心と感性を育むことに力を入れています。一方で国際化の時代を見据え、小学校から始まる英語教育につながる英語レッスンも取り入れています。

お茶

年長クラスは、表千家の先生による作動の指導を月1~2回程度行っています。幼いころから日本の伝統文化にふれながら、おもてなしの心や礼儀作法を身につけます。卒園するときには「卒園記念茶会」も開き、保護者の方々に園児たちがお点前を披露します。

英会話

外国人の先生と、歌やゲームを楽しみながら英会話を学ぶレッスンを毎月実施しています。英語を使った遊びを通じて異なる文化を持つ人とふれあい、視野を広げ、国際的な感覚を身につけてもらいたいと思っています。ハロウィンパーティやクリスマス音楽会での英語プログラムも人気です。